ホーム

↑↑↑白鴻 酒粕ペーストを使ったレシピなどの情報を掲載しています。
白鴻フォトコンテスト2020

infomation


お知らせ

GoToトラベル地域共通クーポンがご利用いただけます。

当店は、Go To トラベルキャンペーンの地域共通クーポン取扱店舗です。当店店頭で紙クーポン、電子クーポンともにご利用いただけます。広島県呉市にご旅行の際にはぜひお立ち寄りいただき、ご利用ください。地域共通クーポンについて、詳しくはこちらをご覧ください。


白鴻フォトコンテスト2020を開催します

「白鴻」「沙羅双樹」醸造元・盛川酒造では、料理と共に楽しめ、飲む人を和やかにするお酒を目指して酒造りを行っております。お食事を楽しむ中に「白鴻」や「沙羅双樹」を取り入れて頂き、より多くの方に身近に感じて頂きたいという思いから、Instagramフォトコンテストを開催いたします。

開催期間

  • 2020年10月1日(木)~2020年12月31日(木)23時59分まで

テーマ

  • 自由(ただし、「白鴻」または「沙羅双樹」が写りこんでいること)

応募資格

  • 国内にお住まい(賞品の発送先が日本国内)の20歳以上の方。
  • Instagramアカウントをお持ちの方。

応募方法

  1. 弊社Instagramアカウント「【白鴻】盛川酒造株式会社」をフォローしてください。
    https://www.instagram.com/morikawa_shuzo/
  2. 「白鴻」または「沙羅双樹」が写っている写真を撮影します。
  3. 写真にハッシュタグ「#白鴻」、「#白鴻フォトコン」、「#撮影場所(任意)」をつけてInstagramで投稿してください。

賞品

  • 最優秀賞 ・・・ 1名様  白鴻 大吟醸「沙羅双樹」雫酒 720 mL
  • 優秀賞 ・・・ 1名様  白鴻 特別純米酒 緑ラベル 1800 mL
  • 佳作 ・・・ 5名様  白鴻 艶肌梅酒 白ラベル 500 mL
  • 元晴賞(杜氏賞) ・・・ 1名様  純米無濾過原酒 「元晴」 1800 mL

詳しくは「白鴻フォトコンテスト」特設ページをご覧になり、応募要項・注意事項をご一読の上ご参加ください。

白鴻フォトコンテスト特設ページ

白鴻フォトコンテスト2020ちらし(PDF 988KB)


秋季限定酒「ひやおろし」完売しました

秋季限定酒、純米吟醸「ひやおろし」は好評につき蔵元在庫が完売いたしました。
ご愛飲ありがとうございました。まだ白鴻お取扱い販売店にてご購入いただける場合がありますので、各販売店へお問合せ願います。


秋季限定「純米吟醸ひやおろし」 発売しました

白鴻 純米吟醸 ひやおろし

9月9日、秋季限定酒「白鴻 純米吟醸酒 ひやおろし」を発売しました。
ひと夏越して程よく熟成した純米吟醸酒です。タンク熟成による、まろやかで味わいに厚みのある辛口のお酒です。冷酒・冷やからぬる燗までお好みの飲み方でお楽しみ頂けます。


【新商品】白鴻 純米吟醸「沙羅双樹」発売しました!!

白鴻 純米吟醸「沙羅双樹」

『沙羅双樹』発売30周年を機に、新たな純米吟醸を発売しました。
『沙羅双樹』のブランドコンセプトは《非日常の酒》。ちょっとうれしいことがあった時やお祝いしたい気分の時などに、晴ればれとした気持ちで飲んでいただきたい特別な日の日本酒です。
この純米吟醸「沙羅双樹」では、くすっと笑えるようなでき事、幸せを感じる瞬間に出会えた時に、《非日常》を気軽に持ち込んでいただけるようなお酒を目指しました。
香り穏やかで繊細な味わいの、キレのよい辛口の逸品です。「食中酒」にこだわる盛川酒造の酒らしく、毎日の《日常》の食事にもよく合います。

>>商品詳細ページ


>>「お知らせ」をもっと見る

盛川酒造までのアクセスについて

2020年6月1日現在、豪雨災害の影響により、安浦町中心部から弊社までの道には通行止めの箇所があります。
県道34号(矢野安浦線)から呉市安浦町内海北の「野呂川ダム→」の標識を目印に右折する道は、復旧工事が完了して通れるようになりました。
県道34号(矢野安浦線)から市原地区・野呂川ダムを経由しての道は、 工事車両・住民優先のため、なるべく通らないようお願いします。
国道185号線からは、呉市安浦町中切の「野呂川ダム→」の標識、「中元クリーニング」さんの看板を目印に野呂川ダム方面へ入ってください。安浦地区生活バスの「内平」バス停から狭い路地を右に入って進むか、昭和工業さんの角を右に入って野呂川の土手沿いを進むと盛川酒造へ 到着します。

アクセスマップ

IWCゴールドメダル受賞

蔵元紹介動画

酒蔵ギャラリー

酒蔵ギャラリー
2020-10-10
店の前のキンモクセイが香り始めました。秋の深まりを感じます。