野呂山の恵み
上質の軟水で醸す

仕込水

酒造りにおいて最も重要とされるのが仕込み水です。当蔵では、蔵内で汲み上げる野呂山系の良質な地下水を仕込み水として使用しています。
広島県は、ミネラル分が少ない軟水の豊かな地。軟水には旨味を引き出す効果があります。当蔵では、軟水地帯の広島県においても一、二を争うほどの極軟水を仕込み水に用いており、米の旨味がしっかりと引き出された、芳醇で味のある日本酒が特長です。

受け継ぐ
広島杜氏の伝統

軟水醸造法

軟水地帯の広島での酒造りは、かつて非常に困難を極めていました。ミネラル分の少ない軟水では、酒造りに欠かせない酵母菌の生育に必要な栄養素が不足するからです。広島杜氏は軟水ゆえの難しい酒造りを「軟水醸造法」の父・三浦仙三郎の教えにより克服し、広島を銘醸地に育て上げました。
当蔵では、極軟水の持ち味を十分に生かすべく、広島杜氏伝統の「軟水醸造法」の教えを受け継ぎ、丁寧な酒造りを心がけています。

杜氏

当蔵の杜氏を務めるのは、蔵元第7代目当主の実弟、盛川元晴です。盛川元晴杜氏は、広島杜氏の伝統技である「軟水醸造法」を受け継ぎ、極軟水での酒造りに挑み、数多くの銘酒を生み出しています。

杜氏より
「白鴻らしい酒を造りたい」 私がいつも心に思っていることです。「白鴻らしさ」といっても明確な解答があるわけではありませんが、杜氏として、自分が感じる「白鴻らしさ」とは、「呑みあきせず、ずっと呑み続けられる酒」、「知らないうちに、杯がすすむ酒」、「やさしさの中に強さのある酒」です。私は、そういう酒を目指しています。
白鴻が創業より百年を超えて酒造りを続けられたのは、酒造りに関わってきた先人達はもちろん、全ての方々の力によるものだということと、それに加えて、白鴻という酒の中に光るものがあり続けたからだと確信しております。この思いは、杜氏として酒造りをする中で強くなりました。
白鴻を呑んで頂き、くつろぎ、あたたかい気持ちになっていただければ、造り手として何よりの喜びです。
(杜氏 盛川元晴)

PAGE TOP