盛川酒造について

盛川酒造の目指す酒造り

わたしたちの目指すものは、主張しすぎない、出しゃばらない、お酒です。料理と共に楽しめ、飲む人を和やかにする、名脇役です。華やかすぎることなく、飲むほどに味わいがあり、いくらでも飲める、キレのあるお酒です。あくまでも主役は飲んでいただくお客様であり、お料理であると考えております。
創業以来、食中酒にこだわる姿勢を

汲むほどに 味も香りも 深き酒

という言葉に込めて受け継いでまいりました。

 

盛川酒造の歴史

昔のポスター明治20年(1887年)の創業。創業当時の代表銘柄は「盛鶴」でした。
初代、盛川辰蔵から数えて現当主・知則は7代目。
創業以来百有余年に亘り、広島杜氏の伝統の技を守りながら酒造りを続けています。

アクセス

盛川酒造は広島県南部、瀬戸内海国立公園・野呂山(標高839m)の麓で、野呂山を源流とする野呂川のほとりにあります。野呂川は蛍舞う清流で、豊かな自然にかこまれた、恵まれた環境で酒造りを行っております。

住所 : 737-2506 広島県呉市安浦町原畑44
TEL : 0823-84-2002
FAX : 0823-84-7006
info@morikawa-shuzo.com