盛川酒造について

盛川酒造の目指す酒造り

私たちが目指すのは、主張しすぎず、出しゃばらないお酒です。料理と共に楽しめ、飲む人を和やかにする名脇役。華やかすぎることなく、飲むほどに味わいがあり、いくらでも飲める、キレのあるお酒です。あくまでも主役は飲んでいただくお客様であり、お料理であると考えております。
創業以来、食中酒にこだわる姿勢を

汲むほどに 味も香りも 深き酒

という言葉に込めて今に受け継いでいます。

盛川酒造の歴史

昔のポスター明治20(1887)年に創業。当時の代表銘柄は「盛鶴」でしたが、その後、現在の代表銘柄である「白鴻・はくこう」になりました。それとは別に「賀茂司」という銘柄もあり、戦前までは台湾へも輸出していました。
戦後間もない昭和20(1945)年9月、枕崎台風による大水害で蔵の傍らを流れる野呂川が氾濫し、創業蔵をはじめ、本宅を含む7棟の建屋が流されました。当蔵のルーツや主要銘柄「白鴻」の由来等の古文書は流失し、現在も明らかにされていない事柄が多くあります。
初代、盛川辰蔵から数えて現当主・知則は7代目にあたります。杜氏として酒造りを行うのは現当主の実弟・元晴です。小さな酒蔵ではありますが、創業以来130年にわたり、広島杜氏の伝統「軟水醸造法」を守りながら、酒造りを続けています。

[明治20年ころ、創業時の写真]

明治20年ころ、創業時の写真
当蔵に唯一残っている創業時の面影を残す酒蔵の写真。酒樽の銘柄は、「白鴻」ではなく、「賀茂司」となっています。

明治20(1887)年の創業以来、安浦の地で酒造りを行う当蔵は、昭和20(1945)年9月の枕崎台風により、創業蔵はじめ、本宅を含む7棟が流されました。現在の蔵は当時の水害で残った建物の一部に、川に流された柱を建材として利用しており、建物ばかりか蔵の歴史を物語る多くのものを失いました。
こうした苦難を乗り越え 今日まで酒造業を営むことができているのは、白鴻の酒造りを担ってきた杜氏・蔵人、見守ってくださった地域の方々、白鴻を愛してくださるファンの皆さまの支えと、酒造りの灯を絶やしてはならないという先人の強い意志によるもの。これからもその思いを胸に歩んでまいります。

アクセス

盛川酒造 蔵の外観
盛川酒造は広島県南部、瀬戸内海国立公園・野呂山(標高839m)の東麓で、野呂山を源流とする野呂川のほとりにあります。蛍舞う清流と豊かな自然に恵まれた環境で酒造りを続けています。

住所 : 737-2506 広島県呉市安浦町原畑44
TEL : 0823-84-2002
FAX : 0823-84-7006
info@morikawa-shuzo.com